川風 paris

2018.07.08 Sunday

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    夏へ向かう街人が動き始めている。街は人々を送り出すと一服の休暇に入る。

    パリは気温 30℃前後で低湿度で乾燥している。溶け始めた水量が地球上を回っている。

    写真下の 続きを読む >> or 「次へ」をクリック すると記事の続きが読めます。

     

    川風 paris

     

    セーヌの左岸と右岸を繋ぐ欄干で川上を向くと穏やかな川風が感じられた。

    真近な山に囲まれる京都では、鴨川は穏やかな稜線と共に眺められた。

    驚異的な大雨による水害のニュースがフランスのテレビでも伝えられている。

    普段は心癒してくれる流れも、時に恐ろしい程の力を見せつける。

    晴れた日の川風を感じながら、雨の日の恐るべき猛威をも記憶に留める。

    「受け容れる」とは「投げ出す」の反語である事を、もう一度噛み締めた。

    励まし支えて貰った分を大切に享受しておこう。自然と向き合う忍耐を残したい。

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2018.07.22 Sunday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする