街の片隅で paris

2018.07.06 Friday

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    海へ下ろうとしていた。「流れに乗って行けば海へ辿り着けると信じていた時代」。

    街へ戻ろうとしていた。「何時かきっと、もう一度戻って来ると信じていた時代」。

    写真下の 続きを読む >> or 「次へ」をクリック すると記事の続きが読めます。

     

    街の片隅で paris

     

    日本を出国して気が付けば 40年余りを海外で過ごしていた。

    海外の風に晒され、漂う様に流されてパリへ辿り着いた。

    当時の自分より少し若いが、同じ境遇の少年と知り合い、友情を交わしている。

    釣人は少し遠くに自分自身を見出すものだろう。

    少年はそんな釣人に家族を感じ取ったのかもしれない。

    言葉がまだファッションとして使われる以前、生き方だけが信じる意味を持っていた。

    情報に頼るより、直感や予感だけを信じて進んだ時代があった。

    少年は何時の頃からか? 釣人の昔話に、今に無い何かを感じ取っていた。

     

     

     

    スポンサーサイト

    2018.07.22 Sunday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする